太陽光発電って?

太陽光発電とは、太陽光パネルを設置し、太陽の光で電気をつくりだすことです。
2011年に起こった東日本大震災やそれによる原発停止などにより電力不足が叫ばれている中、注目を浴びている太陽光発電には様々なメリットがあります。
太陽光発電のメリットをご紹介します。

太陽光発電のメリット

環境に優しい太陽光発電

昨今では、工場などからの排出量が最も多く、大きな工場や事業所を持つ企業や公的機関ではCO2の削減が急務となっています。そういった中で、太陽光発電は設置後の発電のために燃料を必要としません。つまり水や空気を汚さず発電できるのです。化石燃料を燃やさないので二酸化炭素の排出を止めることができ、地球温暖化対策として、国からも補助金が出るなど推進されています。

経済面での節約効果も

光熱費の節約はもちろんのこと、補助金をもらえたり電気買取制度が出されたり、ソーラーローンを利用することが出来たりと経済面では様々なメリットがあります。一般家庭では普通電力会社から電気を購入する形ですが、太陽光発電を使用している家庭は、自宅で電気を発電します。なので昼間は太陽光の電気でまかなう事ができ、しかも使わずに余った電気は電力会社買い取ってくれます。更に補助金や蓄電システムを導入する際に受けられる補助金制度もあるので、負担軽減にもなります。

万が一の時でも安心

もし地震や台風などの災害によって停電になってしまった場合でも、太陽光発電なら太陽光パネルが発電可能な日中の時間帯なら電気を使用することが可能です。つまり、災害時の時の非常用電源となってくれるわけです。テレビやラジオで災害の最新情報を入手したり、携帯電話を充電することも可能です。さらに蓄電器を設置すると電気を使わないよう貯めることも出来ます。

節電に対する意識

太陽光発電を導入することで、電気の量が目視できるようになると自然と節電しようという意識が高まります。発電時に地球温暖化の原因となるCO2を排出しない太陽光発電は、クリーンエネルギーとも呼ばれています。エネルギー源が太陽光なので、化石燃料のように枯渇する心配もありません。また、節電することで余った電気を売ることが出来るので、そういった面からも節電意識が来ているのかもしれません。

基本用語集

太陽光発電に関連する単語を紹介します

架台【かだい/がだい】
太陽光パネルを屋根や地面などに固定するために使う台や枠のことを指します。風圧や地震などの災害に耐えられるようにするためのものなので、太陽光パネルを設置する際にとても重要となる部分です。

再エネ法【さいえねほう】
平成24年7月1日に施行された法律です。正式には「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」といいます。再生可能エネルギーで発電した電力を、国が決める価格で一定期間買い取ることを義務化したものです。

出力保証【しゅつりょくほしょう】
太陽光パネルの出力を一定期間にわたって保証し、メーカーが定めた値よりも発電性能が低かった場合、メーカーが無償でモジュールの修理や交換に応じるサービスのことです。

太陽電池【たいようでんち】
太陽光発電システムにおいて中心的な存在です。太陽光エネルギーを吸収して、直接電気に変えるエネルギー変換器のこと。シリコンなどの半導体で作られていて、光が当たった時だけ発電する仕組みになっています。

太陽電池セル【たいようでんちせる】
太陽電池を構成する最小単位のことを言います。発電素子とも言います。

太陽電池アレイ【たいようでんちあれい】
太陽電池セル

太陽電池モジュール【たいようでんちもじゅーる】
太陽電池セルを組み合わせて一枚の板状にしたもの。太陽光発電システムにおける最小単位です。太陽光発電パネルとも呼ばれています。

JーPEC【じぇいぺっく】
太陽光発電普及拡大センター(Japan Photovoltaic Expansion Center)の略称。太陽光発電システムを導入する際、国による補助金交付の窓口となってくれる組織がこちら。

JPEA【じぇぴあ】
一般社団法人太陽光発電協会(Japan Photovoltaic Energy Association)の略称。太陽光発電に関する団体、メーカーなどから構成される業界団体。太陽光発電システムの技術確立、普及促進などを主な業務としている。

PV【ぴーぶい】
「光起電性/ 光発電の」を意味する”PhotoVoltaic”の略。「PV」または「ソーラーPV」で太陽光発電のことを指す。

FIT【ふぃっと】
Feed-in tariff(フィード・イン・タリフ)の略。いわゆる「固定価格買取り制度」のこと。エネルギーの買取り価格を法律によって定める制度を指す。

HEMS【へむす】
Home Energy Management Systemの略。電力を使用する機器類をネットワークで接続することで、エネルギーを効率的に管理をする、家庭向けエネルギー管理システムのこと。

助成金【じょせいきん】
補助金同様、国や自治体などから支給されるお金のこと。補助金は採択件数に対して応募件数が上回り受給できない場合もあるが、助成金は要件を満たせば受給できる場合がほとんど。

補助金【ほじょきん】
太陽光発電システムを導入する際に、「補助金」として国や自治体から返却義務のないお金を受け取る事ができる。国による補助金は、平成24年度で1kWあたり3万円ないし3・5万円。

スマートハウス【すまーとはうす】
昼間に太陽光で発電した電力を蓄電池に蓄え、夜間に使用したり、電力使用状況をPCやタブレットなどでチェックできるなど、家庭内のエネルギー消費を、最適に制御できる”賢い”住宅のこと。

メガソーラー【めがそーらー】
メガワット(1000キロワット)以上の出力がある大規模な太陽光発電、またはその施設のこと。ソフトバンクの孫正義社長が「メガソーラー計画」を提唱したことでも話題に。

太陽光発電システムの施工業者をお探しの方は、こちらまでお気軽にご連絡下さい

エコマネージメント株式会社

〒283-0002 千葉県東金市求名73-1 パレス2 103

受付時間:8:00~18:00
定休日:毎週土・日曜日

0475-53-3672

メールお問い合わせフォーム
はこちらからどうぞ